リーフはりきゅう整体院

南海高野線、沢之町駅から徒歩3分
JR我孫子町駅から徒歩15分

土日もお気軽にご連絡ください。

住 所
大阪市住吉区殿辻1-9-11
JP大阪住吉ビル1C
営業時間
9:00〜21:00

受付時間:11:30まで

「太ももの筋トレしてるのになぜ膝の痛みが治らないのか?」その原因についてお伝えします。

膝の痛みの原因は本当に筋力低下なのか


膝が痛いと日常生活のいろんな場面で影響しますよね。
毎日の動作のたびに痛みを感じ、憂鬱に感じる方もおられるのではないでしょうか。

そんなあなたは他にもこのような悩みをお持ちではないですか?

座った状態から立つ時に痛い

膝を曲げると痛いのでしゃがめない

お皿の上が腫れて曲げ伸ばしがしにくい

これらは膝の痛みを抱えている方が訴える主な症状です。
なぜこのような症状がでるのか、原因を知りたくて整形外科に行く。
もしくはネットで調べたり、テレビや雑誌などのメディアをみて原因を調べる方多いですよね。

そこで「太ももの筋肉が弱っているから筋トレをしないといけないですよ」と言われたり目にすることが多いのではないでしょうか。

それを信じて、膝の痛みを治そうと太ももの筋トレを必死にしている光景をよく目にします。

○必死にスクワットで筋トレする
○足上げの筋トレをする
○膝の痛みがでてもひたすら歩いて足の筋肉をつける

この記事をご覧のあなたも身に覚えがないですか?
頑張って筋トレして果たしてあなたの膝の痛みは良くなりましたか?

実は筋トレで良くなる方はごく少数です。
にも関わらず世間では筋力不足が原因と言われています。

筋トレして治らないのに、本当に筋力不足が原因なのでしょうか?

この記事では太ももの筋トレをしても膝の痛みが治らない理由について。
また、膝の痛みがでる原因についての正しい対処法について詳しく説明していきます。

 

太ももの筋トレをしても膝の痛みが治らない理由とは

「整形外科で太ももの筋トレを指導されたのに、、」

当院には膝の痛みでこのように訴えられる方が来院されます。
私の臨床経験上、膝の痛みが続いて太ももが弱ってくることはありますが、太ももの筋肉が弱っているせいで膝の痛みが出ている方はほとんどいません。

では、膝の痛みの原因は何なのか?
答えは以外かも知れませんが、太ももの筋肉の使い過ぎです。

「太ももの筋肉を使いすぎている??使っている覚えはないですが、、」と聞こえてきそうですが、膝の痛みを抱えている方のほとんどが無意識に太ももの筋肉を使いすぎています。
使いすぎてしまう理由について、詳しくは下の動画で説明していきます。

太ももの筋肉の使い過ぎが原因で痛みを発している方が大半を占めています。
世間の常識ではそのようなイメージがないので、驚かれる方が多いのではないでしょうか。

膝関節は不安定な構造になっています。
そのため、関節が少しでもずれると「ずれないように頑張れ!」と筋肉が過剰に働いて関節を安定させようとするのです。
その頑張っている筋肉に疲労が蓄積されると痛みに繋がってくるのです。

この悲鳴をあげている筋肉を筋トレしてさらに使ってしまうと、、
筋トレで治らないのは当たり前ですよね。

太ももの筋トレをしても膝の痛みが治らないのは、痛みの原因が筋力不足ではないからです。
もし、太ももの筋トレをして痛みが治らない、または膝の痛みが悪化する方は一度トレーニングを中止してください。
そして太ももを過剰に使ってしまう他の原因を探るようにしましょう。

 

筋トレせずに膝の痛みを解消するには?

上記の説明で膝の痛みの原因をご理解いただけましたか?
ただ、太ももの筋トレは膝の痛みに効果がないとわかっても、どのようにすれば改善できるのかわからないですよね。
次は筋トレせずに痛みを解消するための方法について詳しくお伝えします。

膝の痛みを解消するために大事なポイントは
「膝周りの筋肉をいかに最小限にして立つことができるのか」です。

「そんな立ち方できるの?」と疑問に思うかもしれませんが、練習すればできるようになります。
今から詳しいやり方をお伝えしますので、ご覧になっていただき膝に負担のかけない立ち方を覚えましょう。

 

膝の負担を最小限にする立ち方とは?

膝周りの筋肉を使わずに立つ上で重要なのが、「骨の上で立つ」ことです。

上の図は足の骨を横から見た図です。
あなたは自分の体重をつま先よりにかけて立っていますか?
踵よりにかけて立っていますか?

何も考えずに一度立ってどちらにかけているのか確認してみてください。
足の裏のどこに体重が乗っていますか?

膝の痛みがでる方はつま先よりに体重をかけていることが多いです。
つま先に体重がかかると膝周りの筋肉を使いながら身体を支えてしまいます。

筋肉を最小限に使って立つのに大事なのは「ウナ」に体重を乗せるようにして立つことです。

「ウナ」とは内くるぶしの下あたるところで、ここに体重を乗せることで足の骨の上に重心がのるので、骨で身体を支えることができるのです。
普段つま先よりに体重を乗せている方は、ウナを意識すると思っている以上に後ろで立つのでびっくりされると思います。

しかし、ウナで立つことを覚えると骨で体重を支えることができるようになるため、無駄な筋肉を使わずに立つことができるようになります。
最初慣れるまでは大変ですが、練習すればできるようになるので膝の痛みでお困りの方はぜひ試してみてください。

太ももの筋トレで膝の痛みを抱えている方は、さらに過剰に筋肉を使う立ち方になっている可能性が高いので、今日から筋肉を使うのではなく使わない立ち方を覚えるようにしましょう。

 

まとめ

太ももの筋トレをして膝の痛みが出ている方は、本当の原因についてご理解いただけましたか?
筋肉が落ちているからだと勘違いしていた方は、筋肉の使い過ぎが原因だと言われてもピンとこないのではないでしょうか。

ただ、長年多くの膝の痛みの患者さんを見ていると、原因が太ももの使い過ぎであるケースが本当に多いです。
太ももの筋トレをして膝の痛みが治らない方はお伝えした「ウナ」で立つ意識を持ちましょう。
筋肉を使わずに立つことを覚えると膝への負担が驚くほど軽減されますよ。

 

追伸

大阪市住吉区にあるリーフはりきゅう整体院には膝の痛みを抱えた方が多く来院されます。

その方々の多くは以下のような悩みを抱えていました。

もう手術しかないのかな、、、と諦めていた

整形外科や整骨院でリハビリやマッサージを受けているが3日で戻ってしまう

太ももを鍛えても全然良くならない

運動不足と指摘され、毎日痛みを我慢しながら歩いている

整形外科に受診して、上記の処置を受けているにも関わらず「全く痛みが改善されない」
これが今の現実です。

良いと言われることを試しても治らずに

「このまま膝の痛みと一生付き合っていくのか、、、」と諦めている方がたくさんいるのです。

このままでいいわけないですよね!!

この状況の患者さんを多く救ってあげたいという思いで、私は技術と知識と経験を積み上げてきました。

現在、リーフはりきゅう整体院に通われている膝痛の患者様からは

ここに来て快適に生活できるようになりました

行きたかった旅行に痛みなく行けました!

太もも鍛えなくても痛くありません

あんなにパンパンだった膝が今ではスッキリしています

など嬉しい声を頂いております!!

もし、私のブログを見て

アッ、、私のことかも、、と少しでも思うのなら、これをきっかけに膝の痛みを根本からやっつけませんか?

1人で悩まないでください。

当院は「快適な日常を取り戻す」ことを全力でサポートいたします。

本気で膝痛と向き合い改善したい方は、ご気軽にご相談ください。



当院のホームページを一度覗いてみてください!

下のリンクからご覧になれます。

根本から改善したい方のみクリックしてください


あなたにお会いできる日を楽しみにしております(^^)
  • 大阪の膝の痛み

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

9月末日までの期間限定

施術1回 通常 10,000

初回限定

2,980

毎日1名様限定のキャンペーンです。お急ぎください!
まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

完全
予約制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

06-7710-7684 06-7710-7684

営業時間 9:00〜21:00

リーフはりきゅう整体院

住所
〒 558-0042
大阪市住吉区殿辻1-9-11
JP大阪住吉ビル1C
アクセス
南海高野線、沢之町駅から徒歩3分
JR我孫子町駅から徒歩15分
大阪市バス、おりおの橋行き、殿辻バス停から目の前
代表者
笹原健太郎
電話番号
06-7710-7684 06-7710-7684

営業時間
9:00〜21:00

受付時間:11:30まで

ソーシャルメディア

Line@なら24時間ご予約を承っております。
お気軽にご連絡ください。

LINE ID
@dgy8758j
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP