リーフはりきゅう整体院

南海高野線、沢之町駅から徒歩3分
JR我孫子町駅から徒歩15分

土日もお気軽にご連絡ください。

住 所
大阪市住吉区殿辻1-9-11
JP大阪住吉ビル1C
営業時間
9:00〜21:00

受付時間:11:30まで

「膝の痛みの原因は軟骨がすり減っているからですね」は本当なのか?

「あーーここを見て下さい。隙間が狭くなっているのがわかりますか?これは膝が変形していてこの間にある軟骨がすり減っています。膝の痛みの原因はここからきていますね。」

膝の痛みで整形外科を受診した方は、このような説明を受けたのではないでしょうか?
こんな説明を受けたら、

「膝の変形で軟骨がすり減っていたらもうどうしようもないのかな」
「このままだと手術しないとダメなのかな。」

と不安になりますよね。

この記事をご覧の方の中にはこのような不安を抱えている方も多いのではないでしょうか?
そんな方のために、今からその真相について詳しく説明していきます。

大阪市住吉区にある膝痛専門【リーフはりきゅう整体院】
院長のささはらけんたろうです。

いつも多くの方々にブログをご覧になっていただき、本当にありがとうございます。

専門用語が続くとわからないと思うので、上の膝関節周囲の名称をみながら説明を聞いてください。

膝関節では、大腿骨と脛骨、膝蓋骨の裏面で厚さ6mm程度の軟骨が、骨の間のクッションの役目をしています。
膝の変形でよく聞く、「変形性膝関節症」では、この軟骨がすり減り、膝に痛みが起こると言われています。  

軟骨が擦り減る原因は、加齢による軟骨の変化と、軟骨にかかる力学的な負荷です。
特に、肥満やO脚の人は、軟骨への負担がかかりやすくなるため、擦り減りやすくなります。

軟骨が減ると、その削りかすにより、滑膜というところを刺激します。
それによって炎症が起こり、膝に痛みが出たり、水がたまったりします。  

膝の水は、炎症で関節液(滑液)が増えたものです。
炎症といっても、赤く膨れる炎症より、ずっと軽いのですが、持続すると、さらに軟骨は傷んでいきます。

同時に、負担がかかり続けると、骨棘(骨のトゲ)と呼ばれる骨の出っ張りが、膝関節の骨の内側部分にできてきます。

これは、上下からの強い圧迫が続くと、それから耐えるために、横の面積を広げようとして骨棘ができます。
膝を守ろうとしてできるものが、逆に周囲の組織を圧迫して痛みを発生させてしまうのです。

さらにすり減って軟骨がなくなると、大きな骨棘ができて、骨と骨の間の隙間がなくなるほどに進行してしまいます。  

 

本当に軟骨が原因なの?

ここまで聞いたら「これじゃあ私の膝の痛みは治らないんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。
まず、下のレントゲン写真を診てもらえますか?

これだけ見たら、どちらが痛いかイメージできますよね?
あきらかに左の映像の方が変形が強いですよね。
軟骨も擦り減っていて、それが原因だと思う方が多いです。

しかし、実は膝の痛みだけで言うと、実は

左の軟骨が原因と思われる画像の方は 「痛みがなく」
右の正常な膝に見える画像の方に「痛みがある」

このようなケースが数多く報告されているのです。

もちろん、これは極端な例で、本当に膝の変形が進行して、軟骨が擦り減ることで痛みを引き起こしているケースもあります。
しかし、そのようなケースはほんの一握りで、
ほとんどの膝の痛みは「レントゲンで痛みを評価することができない」のです。

 

では、どうすれば膝の痛みが改善されるのか?

軟骨が原因でなければ、次の疑問は、「なぜ?膝の痛みを引き起こしているのか?」ですよね。
それはひとそれぞれ違うのですが、当院でよくみる原因のひとつが実は、

膝以外にあることが多いのです。

このことについて書かれているブログ記事があるので、詳しく知りたい方は
 

こちらをクリックしてください。


他にも膝の痛みを引き起こしている原因はありますが、こればかりは実際に診て状態を確認しないとわかりません。
なので、膝の痛みを引き起こしている「根本の原因」を知りたい方は、身体のプロである整体師などに頼るようにしてください。
  

まとめ

いかがでしたか?
最後にこの記事内容をまとめておくと、

整形外科では「変形して軟骨が擦り減ることが、膝の痛みの原因である」という説明をする場合が多い

軟骨が擦り減ったり、骨棘ができると膝関節で炎症を引き起こす

変形と痛みは比例しないことが多く、関節が変形していても痛みが出ない人も多い

膝の痛みはレントゲンだけでは判断できず、実はまったく違う原因が考えられるケースが多い

痛みの原因は人それぞれだが、原因を解消すれば痛みは改善される

「膝が変形して軟骨が擦り減っているから、私の痛みは治らないのかな、、」
整形外科で診断されたら特にこのように考えてしまいますが、

諦めないでください!

根本の原因を突き止めて改善すれば、あなたの膝の痛みは必ず解消されます!

 

追伸

大阪市住吉区にあるリーフはりきゅう整体院には、膝の痛みで悩んでいる方が多く来院されます。

その方々の多くは以下のような悩みを抱えていました。

軟骨が擦り減っているから、私の膝はもう治らないんですかね。。

整形外科や整骨院でリハビリやマッサージを受けているが3日で戻ってしまう

太ももを鍛えても全然良くならない

運動不足と指摘され、毎日痛みを我慢しながら歩いている

整形外科に受診して、上記の処置を受けているにも関わらず「全く痛みが改善されない」
これが今の現実です。

良いと言われることを試しても治らずに

「このまま膝の痛みと一生付き合っていくのか、、、」と諦めている方がたくさんいるのです。

このままでいいわけないですよね!!

この状況の患者さんを多く救ってあげたいという思いで、私は技術と知識と経験を積み上げてきました。

現在、リーフはりきゅう整体院に通われている膝痛の患者様からは

ここに来て快適に生活できるようになりました

行きたかった旅行に痛みなく行けました!

太もも鍛えなくても痛くありません

など嬉しい声を頂いております!!

もし、私のブログを見て

アッ、、私のことかも、、と少しでも思うのなら、これをきっかけに膝の痛みを根本からやっつけませんか?

1人で悩まないでください。

当院は「快適な日常を取り戻す」ことを全力でサポートいたします。

本気で膝痛と向き合い改善したい方は、ご気軽にご相談ください。

 
【1日1名様限定】LINE@での無料相談実施中!
ご予約や膝の痛みに関する情報も随時配信中!
↓↓LINE@の登録はこちら↓↓

LINE@なら24時間ご予約受付中!

  • 大阪の膝の痛み

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

10月5日までの期間限定

施術1回 通常 10,000

初回限定

2,980

毎日1名様限定のキャンペーンです。お急ぎください!
まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

完全
予約制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

06-7710-7684 06-7710-7684

営業時間 9:00〜21:00

リーフはりきゅう整体院

住所
〒 558-0042
大阪市住吉区殿辻1-9-11
JP大阪住吉ビル1C
アクセス
南海高野線、沢之町駅から徒歩3分
JR我孫子町駅から徒歩15分
大阪市バス、おりおの橋行き、殿辻バス停から目の前
代表者
笹原健太郎
電話番号
06-7710-7684 06-7710-7684

営業時間
9:00〜21:00

受付時間:11:30まで

ソーシャルメディア

Line@なら24時間ご予約を承っております。
お気軽にご連絡ください。

LINE ID
@dgy8758j
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP