リーフはりきゅう整体院

南海高野線、沢之町駅から徒歩3分
JR我孫子町駅から徒歩15分

土日もお気軽にご連絡ください。

住 所
大阪市住吉区殿辻1-9-11
JP大阪住吉ビル1C
営業時間
9:00〜21:00

受付時間:11:30まで

【どこに行っても治らない】膝の痛み、関節痛の5つの原因

整形外科に行って注射を打っても膝関節の痛みが治らない。

整骨院に行ってマッサージを受けても良くならない。

「あちこち行ってるのに、全然痛みが治らない。どこに行けば私の膝の痛みは良くなるの?」

治してもらう為に整形外科や治療院に通っているのに、痛みが改善されなかったら不安になりますよね。

そんな不安をお持ちのあなたのために、膝の痛み、関節痛が治らない5つの原因と、どうすれば改善することができるのかについて、このブログ記事で詳しくお伝えしていきます。

あなたの膝の痛み、関節痛がいつまでも治らない5つの原因

大阪,膝の痛み,治らない

こんにちは。大阪市住吉区にある膝の痛み治療院【リーフはりきゅう整体院】

院長の笹原健太郎です。

 

人間は体に何かがあると「痛み」として私達に教えてくれています。

「原因」「結果」

膝の痛みや関節痛という結果が出ているなら、痛みを引き起こしている原因が必ず存在します。

その原因には大きく以下の5つが考えられます。

①変形性膝関節症がかなり進行している

変形性膝関節症には大きく分けて4つのステージがあります。

変形の度合いが少ないステージ1、2ぐらいであれば、膝周りにマッサージや電気、注射、湿布などの対処療法で痛みが出なくなることが多いです。

しかし、関節内の変形が悪化してきたステージ3、4になってくると、先ほどの対処療法ぐらいでは膝の痛みが改善されなくなります。

いつまでも治らないと不安であれば、整形外科でレントゲンを撮ってもらい、どれぐらい変形が進んでいるのかを診断してもらいましょう。

ただ、このような説明をすると「痛みが治らないってことは変形がかなり進んでるからなのか。もう手術しないと良くならないんですか。」

このように言われるのですが、そこまで心配しなくても大丈夫です。

変形性膝関節症がステージ4まで進行してしまう人の割合はかなり少なく、関節内の変形が原因で膝の痛みを悪化させている人は実はかなり少ないです。

ステージ4まで進行した変形性膝関節症は骨がぶつかりあうほど悪化しているので、安静にしていても激痛が走ります。

少数とはいえ、何をしても膝の激痛が改善されない場合は、整形外科でレントゲンを撮ってもらうようにしましょう。

②考えている原因がそもそも間違っているので、正しい対処ができていない

あなたの膝の痛みが治らない原因は何だと思いますか?

こう聞くとほとんどの方が「整形外科で変形性膝関節症と診断されたんで、それが原因ですかね。」と答えられます。

確かに整形外科の先生に膝関節が変形していると言われるとそうだと思いますよね。

そう言われて、関節内に問題があると思い、ヒアルロン酸注射を打ったりサプリメントを飲んだりされている方が本当に多いです。

もちろんそれで膝の痛みが改善し、それ以降痛みが出ないならその対処法が正しいのかもしれません。

しかし、ヒアルロン酸注射やサプリメントを飲んで、あなたの膝の痛みは改善されましたか?

先ほどお伝えしたように、痛みには必ず原因があります。

もし、ヒアルロン酸注射やサプリメントを飲んで膝の痛みが改善されないなら、痛みを引き起こしている根本の原因がそもそも間違っている可能性が高いのです。

このことを知らず、

「整形外科に通ってヒアルロン酸注射を打ち続ければ必ず良くなる!」

「サプリメントを飲み続ければ、軟骨が再生して、膝関節が回復する!」

このように信じ続け、治らない方がたくさんおられるのです。

原因に対して正しい対処ができていれば、1か月もすれば膝の痛みや関節痛は必ず軽減していきます。

継続して治療を受けて膝の痛みが変わらない、もしくは悪化する場合は、原因に対しての対処がズレている可能性が高いです。

そのまま続けても治らないどころか悪化するケースが高いので、ますば通院先の先生に相談するようにしましょう。

③薬や湿布、注射で膝の痛みが改善されると思っている

これは本当に多いのですが、薬や湿布、ブロック注射などは膝の痛みを治療して良くしているわけではありません。

痛みは原因を知らせる「お知らせ」です。

薬や湿布、注射というのは、このお知らせを無理矢理抑えこんでいるだけなのです。

「かなり負担がかかって辛いから助けてー!」と悲鳴をあげている膝関節からの叫びを、あなたは薬や湿布などの対処療法で聞こえなくしているのです。

これで本当に膝の痛みが良くなると思いますか?

はっきり言いますが、薬や湿布、注射に依存していつか良くなるだろうと思っている方は、いつまでたっても膝の痛みは治らないです。

なぜ、痛みという信号を発しているのか?

そこをもっと真剣に考えてあげましょう。

④治りやすい人と治りにくい人がいる

膝の痛みや関節痛は同じような症状でも、人によって治り方が全然違います。

かなりの激痛が出ていても数回の治療で痛みが改善する人もいれば、軽い症状でも時間がかかってしまう人もいます。

この差は何なのかというと、その人の考え方の違いです。

何かに頼って良くなるだろうと考えている人は改善するスピードが本当に遅いです。

治療院に行っても治療だけ受けるのではなく、指導されたケアを継続したり負担のかけない姿勢を意識して、自分でも良くしていこうと考える人は改善するスピードがかなり早いです。

以下に治りやすい人と治りにくい人の特徴をあげておきますので、ぜひ参考にしてください。

【治りやすい人の特徴】

    • 教えたストレッチ、運動を継続して行う
    • 指導した方法だけに従う(自分が良さそうと思うことを勝手にしない)
    • 予約の時間に遅れない
    • 素直な人
    • 説明をしっかり聞ける人
    • 言葉が丁寧な人
    • 健康に対して投資している人(ジムに行ったり、体操教室に行ったりと、健康に対してお金を払っている)
    • 体重管理を意識している人

【治りにくい人の特徴】

    • ストレッチや運動を教えても継続してやらない
    • 周りがやってることを勝手に取り入れて、先生の指導法に従わない
    • 予約の時間に連絡もなく平気で遅れる
    • 頑固な人
    • 説明を聞かず自分のことばかり話す人
    • タメ口が多い人
    • 家にいる時間が長く、健康に対しての意識が低い人
    • 体重の変動が激しい人

正しい治療をしているという前提での話ですが、上の内容はかなり当たります。

特に改善実績の多い先生の治療院に通っても治らない人は、治らない人の項目に多く当てはまる可能性が高いです。

膝の痛みを悪化させていくのも、改善していくのも、あなた自身です。

原因は治療法だけでなく人によっても治らないことがあるということを、ぜひ覚えておいてください。

⑤膝に負担をかける姿勢が変わっていない

最後の原因が「姿勢」です。

膝の痛みが出るとみなさん膝ばかりに治療をするのですが、それでは根本的には良くなりません。

なぜなら、膝に負担をかけているのは、あなたの姿勢の歪みから来ているケースが多いからです。

対処療法でその場は良くても、また膝の痛みが悪化する方は完全に膝に負担をかける姿勢の歪みが改善されていません。

あなたは通院先の先生に骨盤の歪みや上半身の歪みを指摘されましたか?

膝ばかりに治療を受けていませんか?

もし、姿勢から改善しようとせず、膝だけしか治療しているいないのから、あなたの膝の痛みはいつまでたっても治らないですよ。

当院が考える膝の痛みや関節痛が治らない本当の原因

先ほどお伝えしてきた原因によって膝の痛みが治らないケースが多いです。

では、実際に臨床で膝患者さんを見ていて、どのような原因で膝の痛みを悪化させているのか。

また、悪化させている原因をどのようにすれば改善できるのか。

そのことについて詳しくお伝えしていきます。

痛みが改善しないのは、症状を悪化させる悪い流れにはまっている

膝の痛みを感じる→体重を乗せると痛い→痛くないようにかばって歩く→筋肉の緊張が増す→膝周りの筋肉が硬くなる→関節の動きが悪くなる→膝の痛みが悪化する→痛くないように余計にかばう→歩き方がドンドン悪くなって、筋肉の緊張が増す→負のルーティンにより膝周りの筋肉の緊張が増す→膝の痛みが悪化する→いつまでも治らない

膝の痛みが治らない方はこのような負のループを巡っている方がほとんどです。

つまり、関節内が原因ではなく、負のループにより筋肉が悲鳴をあげて痛みが出ているケースがほとんどなのです。

このループをヒアルロン酸注射で止められると思いますか?

これが、膝の痛み、関節痛が治らない本当の原因なのです。

負のループさえ断ち切れば、膝の痛みは改善される

膝の痛みを根本から改善するには、先ほどお伝えした負のループを断ち切る必要があります。

そこでまずすべきなのが、筋肉の緊張を緩和し、関節を痛くない範囲で動かしていくことです。

ここで変に筋トレをする方がいるのですが、それでは筋肉の緊張が増してしまい、症状が悪化する可能性があるので、できるだけ控えるようにしましょう。

お風呂で太ももをしっかり温める、痛くない範囲でストレッチを行う、太ももを軽くマッサージする。

これらの対処でまず、筋肉の緊張が増して関節が動かなくなるループを断ち切るのです。

緊張が緩和された次にやっていくのが、かばっている歩き方の改善です。

かばっていないつもりでも、人間は本能的に痛みを避けようとして、かばって歩いてしまいます。

この歩き方を変えなければ、いつまでたっても膝の痛みは改善されません。

正しい歩き方について知りたい方は、下の動画をご覧ください↓

このような流れで負のループを逆行していくと、膝の痛みが根本から改善されていきます。

これが、いつまでも治らない膝の痛みを最短で改善する唯一の方法なのです。

1ヶ月通って痛みが変わらないのなら、整形外科や治療院を変えるべき

膝の痛みが治らない原因について詳しくお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

先ほどの説明以外にも、膝の痛みを悪化させる原因はいろいろとあります。

原因はひとつではないのに、関節内にヒアルロン酸注射を打って薬や湿布だけの治療。

単調なマッサージの繰り返し。

これだけで膝の痛みが改善されるわけがないですよね。

もし、整形外科や治療院に通って、1か月何も変わらないのなら、通院先を変えることをオススメします。

かなり重度な関節内の変形や骨折、靭帯などの損傷がない限り、1か月もあれば痛みは必ず軽減します。

もし、軽減しないのであれば、原因に対しての対処法がズレている可能性があります。

正しい原因を見つけてくれる先生に治療をしてもらい、正しい治し方を教えてもらう。

そうしなければ、あなたの膝の痛みや関節痛はいつまでたっても治らないですよ。

  • 大阪の膝の痛み

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

9月末日までの期間限定

施術1回 通常 10,000

初回限定

2,980

毎日1名様限定のキャンペーンです。お急ぎください!
まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

完全
予約制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

06-7710-7684 06-7710-7684

営業時間 9:00〜21:00

リーフはりきゅう整体院

住所
〒 558-0042
大阪市住吉区殿辻1-9-11
JP大阪住吉ビル1C
アクセス
南海高野線、沢之町駅から徒歩3分
JR我孫子町駅から徒歩15分
大阪市バス、おりおの橋行き、殿辻バス停から目の前
代表者
笹原健太郎
電話番号
06-7710-7684 06-7710-7684

営業時間
9:00〜21:00

受付時間:11:30まで

ソーシャルメディア

Line@なら24時間ご予約を承っております。
お気軽にご連絡ください。

LINE ID
@dgy8758j
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP