リーフはりきゅう整体院

南海高野線、沢之町駅から徒歩3分
JR我孫子町駅から徒歩15分

土日もお気軽にご連絡ください。

住 所
大阪市住吉区殿辻1-9-11
JP大阪住吉ビル1C
営業時間
9:00〜21:00

受付時間:11:30まで

【簡単にできる!】寝起きに感じる膝の痛みを解消する3つの方法

「朝の寝起きの立ち上がる時に膝の痛みを感じる。」

「夜寝る時は痛くないのに、朝起きたら痛い。」

「お昼の動いているときは膝の痛みは感じないのに、寝起きの立ち上がりだけ痛みを感じる。」

このように、朝にだけ膝の痛みを感じる方は意外と多いです。

このブログ記事をご覧のあなたも、上記のような症状で悩んでおられるのではないでしょうか。

そんな方のために、朝の寝起きに膝の痛みを感じる理由と、簡単にできる痛み解消法について詳しくお伝えしていきます。

なぜ、寝起きに一番痛みを感じるのか?

膝の痛み,寝起き

膝の痛みを感じだすと、まず心配になるのが変形性膝関節症ですよね。

整形外科で「膝が変形して軟骨がすり減っていますね。」と言われた方は、余計にそう思っているのではないでしょうか。

ただ、少し考えていただきたいのですが、関節が変形しているなら、体重がかかる歩いてる最中の方が痛みを感じるはずですよね。

関節内への負担を考えると、寝ている時より歩いている時の方が上下の圧がかかるので。

朝の寝起きの立ち上がり膝の痛みが出ている方のほとんどが、日中の動いている時、歩いている時の方が痛みが緩和しています。

つまり、朝の寝起きに感じる痛みの原因は、関節内の変形でない可能性が高いのです。

寝起きに痛みが出る本当の原因とは

関節内が原因でなければ、なぜ膝の痛みを感じるのか。

結論を言うと、寝起きに感じる膝の痛みの原因は関節の変形などではなく「筋肉」が硬くなるからです。

筋肉が硬くなる要因は大きく以下の3つです。

①膝に負担のかかる悪い姿勢になっている、もしくは歩き過ぎなどの筋肉の使い過ぎ

②筋肉を使っていない時、もしくは同じ姿勢が続いた時

③冷えなどで血流が悪くなった時

これらの要因が多く当てはまるのが、寝ている時ですよね。

①による筋肉の疲労により一番ピークに硬くなるのが寝る前の夜です。

そのまま、寝ている間に②と③の条件により、余計に筋肉が硬くなる。

筋肉は硬くなると動き始めに一番痛みを感じやすくなります。

つまり、一番ピークに筋肉が硬くなっている朝の寝起きの立ち上がりで強い膝の痛みを感じるようになるのです。

硬くなった筋肉は動いているうちにだんだん緩んできます。

昼間になると気温も上がってくるので、昼間には筋肉は緩んで痛みが緩和される。

昼から夕方になると同じ姿勢や動いている疲労が蓄積されてきて、また筋肉が硬くなりだす。

この流れをひたすら繰り返しているのです。

また、座りっぱなしなどの立ち上がり時などに膝の痛みを感じる理由は②により筋肉が硬くなっていることが原因のことが多いです。

→立つ時に感じる膝の痛みを解消する3つ方法

朝の寝起きに痛い方は、上記の説明で何となく理解いただけるのではないでしょうか。

動き始めの膝の痛みの原因は関節内ではなく、関節外の筋肉である。

このことをぜひ覚えておいてください。

簡単にできて効果のある膝の痛み3つの解消法

朝の膝の痛みを解消する上で一番大事なのが、筋肉がピークに硬くなっている時に柔らかくしてあげるケアをしてあげることです。

筋肉が一番硬くなっているのは、先ほどもお伝えしたように、疲労が蓄積されている夜と寝起きの朝ですよね。

この時間帯に、今からお伝えする膝の痛み解消法をぜひ実践してみてください。

お伝えする解消法は、すべてベッドの上で寝ながら、座りながらできるものばかりなので。

解消法① 仰向けで膝を立てて左右に倒す

この解消法は、骨盤の歪みを調整するために行なってもらう体操です。

体全体を動かすので、全身の血流が改善され、筋肉の緊張が取れやすくなります。

①仰向けになって膝を立てる

②両膝をつけたまま体をひねりながら、左右に膝を倒し、倒しにくい方をチェック

③倒しやすい方に5回→倒しにくい方に5回→倒しやすい方に5回

④左右差がない場合、左→右を10回行う

詳しいやり方を知りたい方は、下の動画をご覧ください。

 

解消法② 座りながら背伸び

タオルを両手で持って腕を上に上げて、真上に10秒間しっかり伸ばす。

これを2セットおこないましょう。

こちらの解消法も全体的に身体を伸ばすことで、血流を改善し、全身の筋肉の緊張を緩和させます。

解消法③ 太ももやふくらはぎなどの下半身の大きな筋肉のストレッチ

解消法①②を実践してから最後に行ってほしいのが、③のストレッチです。

筋肉が硬くなっている場合はストレッチがもっとも効果的です。

→膝の痛みを解消する大きな筋肉のストレッチのやり方

しっかり効果を出すためのポイントと注意点

お伝えしてきた3つの解消法ですが、さらに効かせたいなら、お風呂に浸かった後に実践してください。

お風呂上がりというのは、一番筋肉の緊張が緩和されており、ストレッチをより効かせることができるゴールデンタイムと言われています。

また、寝る前に筋肉の緊張を緩和しておくと、寝返りがしやすくなります。

人間は寝返りの際に全身の血流を改善しているので、寝返りをするしないで朝起きた時の筋肉の硬さが全然違ってきます。

朝の身体が硬くなりやすい時に無理に実践すると、逆に膝の痛みが増してしまうこともあります。

寝起きの痛みが強い時などは、お風呂上がりにしっかりと3つの解消法を行うようにしましょう。

まとめ

3つの解消法についてお伝えしましたが、いかがでしょうか?

寝起きに感じる膝の痛みは関節内の変形が原因と思われがちですが、それは間違いです。

ほとんどの原因である筋肉の緊張を緩和すれば、寝起きに感じる膝の痛みは改善されていきます。

上記でお伝えしてきた内容を参考にして、ぜひ今日から実践していきましょう。

  • 大阪の膝の痛み

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

7月10日までの期間限定

施術1回 通常 10,000

初回限定

2,980

毎日1名様限定のキャンペーンです。お急ぎください!
まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

完全
予約制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

06-7710-7684 06-7710-7684

営業時間 9:00〜21:00

リーフはりきゅう整体院

住所
〒 558-0042
大阪市住吉区殿辻1-9-11
JP大阪住吉ビル1C
アクセス
南海高野線、沢之町駅から徒歩3分
JR我孫子町駅から徒歩15分
大阪市バス、おりおの橋行き、殿辻バス停から目の前
代表者
笹原健太郎
電話番号
06-7710-7684 06-7710-7684

営業時間
9:00〜21:00

受付時間:11:30まで

ソーシャルメディア

Line@なら24時間ご予約を承っております。
お気軽にご連絡ください。

LINE ID
@dgy8758j
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP