リーフはりきゅう整体院

南海高野線、沢之町駅から徒歩3分
JR我孫子町駅から徒歩15分

土日もお気軽にご連絡ください。

住 所
大阪市住吉区殿辻1-9-11
JP大阪住吉ビル1C
営業時間
9:00〜21:00

受付時間:11:30まで

【重要】椎間板ヘルニアの名医がいる病院を探しているあなたへ

「もうこの辛いヘルニアは手術しかないのか、、」
「もし手術するなら有名な名医のいる病院でしたもらいたいな。」

そう思い「椎間板ヘルニア 病院 名医」などで調べていませんか?
ヘルニアはひどくなると辛い痛みや痺れに襲われるので、手術を検討する為にグーグルで上記のようなキーワードで調べる方が多くおられます。

この記事をご覧のあなたもそうではないでしょうか?

もしそうであるなら、ぜひこの記事を最後までご覧下さい。

こんにちは。大阪市住吉区にある椎間板ヘルニア治療院【リーフはりきゅう整体院】
院長の笹原健太郎です。

実は院長の私も学生時代ひどいヘルニアで病院を探していた過去があります。
なので、藁にもすがる思いで病院を探す気持ちもすごく理解ができます。

病院を探すまでにいたっている方はもうヘルニアの手術をする覚悟が決まっているかもしれません。
しかし、その前にちょっと待ってもらいたいのです。

昔は椎間板ヘルニアと診断されたら治すには手術しかないというのが一般的でした。
しかし、近年のヘルニアに対する考え方は真逆で、9割のヘルニア患者は手術せずに治ると言われています。

実際に椎間板ヘルニアの名医として有名な整形外科の先生が、「ヘルニアからくる症状の9割は手術せずに治る。」と断言しています。
また、「9割のヘルニアの診断は誤診で本当に椎間板ヘルニアが原因で腰などに症状が出ている人は3%程度、残りの人は椎間板ヘルニアが原因だから腰が痛いわけではない。」とも言われています。

もちろん手術が必要なヘルニアもあるので、そのことは頭に入れておいてください。
ただ、上記の内容を聞いてもまだヘルニアの名医がいる病院を探しますか?
この記事をぜひご覧になっていただき、手術しなくても治るんだとみなさんに理解していただけたらなと思います。

画像の診断結果が全てという間違い

上記のように誤診が多いといわれてもそんな間違いが広まっているのはなぜ?と疑問に思いますよね?
その原因は腰痛医学の歴史にあります。

椎間板ヘルニアは20世紀半ばに発見され、それから世界中で椎間板ヘルニアの研究が行われてきました。
そして、椎間板ヘルニアこそ腰痛の原因であると誰しもが信じるようになり、医学の教科書や腰痛関係の本にそう記載されるようのなりました。

これに拍車をかけたのが、1990年代に普及したMRIでの画像診断です。
それまでレントゲンで腰骨の状態しか見れなかったのが、MRIの普及により椎間板の変形がみごとに映し出されるようになりました。

ここから椎間板ヘルニアが画像に映し出されるとそれが痛みの原因であるという「画像信仰」が広まっていったのです。
そのため、整形外科や病院で椎間板ヘルニアと診断されたら手術で取り除かないと腰の症状は改善されないということが常識のように認識されていました。

しかし、近年になるとようやく椎間板ヘルニアの常識が変わり出しました。
出ている症状の原因を画像診断だけで判断することそのものが間違えだったという声が日本だけでなく海外でも高まってきました。

画像で椎間板ヘルニアと診断されても症状がでている人もいればでない人もいてるのです。
また、椎間板ヘルニアで症状がでていても的確な治療をおこなえば症状が改善されるケースが多々みられます。

病院での診断が全てなら、上記のようなことは起きないはずですよね。
もちろん画像診断で椎間板の状態を病院でみてもらうことは大事なことです。
ただ、その情報だけを鵜呑みにするのは良くないです。

椎間板ヘルニアと診断されたからもう治らないと悲観的になる必要はまったくありません。
逆にヘルニアはほとんど治るということを覚えておいてください。

病院で手術せずにどうやって椎間板ヘルニアを治すの?

ここまででヘルニアは病院で手術しなくてもほとんどの場合が改善されるということをご理解いただけましたか?
ただ、病院に行かなくてもいいというのは理解できても、そこからどのようにして治すの?と疑問に思いますよね。

当院はヘルニアを専門にみている整体院なので、多くのヘルニア患者が来院されますが、ほとんどのヘルニアの原因は「仙腸関節」にあります。

上の写真の真ん中にある「仙骨」という骨と両端にある「腸骨」という骨でできた関節を「仙腸関節」と言います。

ヘルニア患者のほとんどが、「仙腸関節」というヘルニア治療のカギを握る関節が、ねじれてひっかかり、動きが悪くなった状態にあるのです。これが原因で痛みやしびれを引き起こします。

当院に来院されている26歳の女性は、3ヶ月前からひどい腰の痛みと右足のしびれがあり、ある病院で検査を受けると椎間板ヘルニアと診断されました。痛みを止める為に神経ブロック注射を受けましたがあまり効果がなく、手術を勧められて悩んでいました。

「右の腰の下とふくらはぎに毎日刺されたような激痛が走り、ひどくつらい。でも手術せずに治したい」

来院されてこう言っていた女性の「仙腸関節」をさわると、動きが悪い。典型的な「仙腸関節から痛みが出ているヘルニアの症状」でした。この関節の動きをよくする手技を中心に行うと激痛が消え、その後再発はありません。

この女性のように、足のしびれがある場合、病院では画像検査されたうえで、椎間板ヘルニアと診断されてしまうことが多いのです。
病院での診断結果だけを鵜呑みにするのではなく「もしかして本当は仙腸関節が原因かも」と、一度は疑ってみるべきなのです。 

自分でできる!仙腸関節の運動法

一番は仙腸関節の調整をしてくれるヘルニア専門の整形外科や整体院を受診することですが、なかなか踏み込めない方もおられますよね。
特に、ひどい症状が出ないとなかなか行動に移せず、痛みをごまかしながら生活している方が多いです。

そんな方は今からお伝えする仙腸関節の運動法をぜひ実践して下さい。
そこまで痛くないけれど足に痺れやダルさが少し出る方は、仙腸関節の動きが悪くなってきている前兆の可能性があります。

ひどくなる前にケアをすることで未然に防ぐことができます。
なので、他人事と思わずにぜひ実践していただき、辛い症状で泣きながら病院に行くという悲惨な現実にならないようにしましょう。

詳しいやり方を知りたい方は下の動画をご覧ください。

 

病院でなく椎間板ヘルニア専門の整形外科や整体院へ

病院や整形外科での治療は手術、注射、薬、マッサージ、電気、湿布などの対処療法がほとんどです。
症状が軽ければこれらの対処療法でその時は改善されますが、根本の原因が解決していなければまた症状が出てきたり、重症化してしまうケースが多いです。

もし、椎間板ヘルニアと診断されて病院や整形外科に通っているけれどなかなか改善されない、上の体操をしたけれど症状が変わらないなどの場合はヘルニア専門で仙腸関節の調整を行ってくれる整形外科や整体院に行くようにしましょう。

仙腸関節の動きは軽ければ先ほどの運動で良くなりますが、動きがかなり悪くなるとプロの手でやらないとなかなか動きは改善されません。
手術せずに本気で治したいならばヘルニア専門で予約がなかなか取れないところでも、ちゃんと予約を取って診てもらうようにしましょう。

まとめ

ヘルニアで病院を探していた方、いかがでしたか?

昔と今とではヘルニアに対する考え方が変わってきているということをご理解いただけましたか?
ヘルニア=手術の時代はもうとっくに終わりました。

現在は手術せずに治すが常識になってきています。

名医は名医でも、手術ではなくまずヘルニアの原因を探し出し、正しい治療を行ってくれる先生を探しましょう。
そうすればあなたのヘルニアは病院に行かなくても必ず改善されますよ。

椎間板ヘルニアを根本から改善したいと本気で思っている方は

こちらをクリックしてください

  • 大阪の椎間板ヘルニア

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

7月5日までの期間限定

施術1回 通常 10,000

初回限定

2,980

毎日1名様限定のキャンペーンです。お急ぎください!
まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

完全
予約制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

06-7710-7684 06-7710-7684

営業時間 9:00〜21:00

リーフはりきゅう整体院

住所
〒 558-0042
大阪市住吉区殿辻1-9-11
JP大阪住吉ビル1C
アクセス
南海高野線、沢之町駅から徒歩3分
JR我孫子町駅から徒歩15分
大阪市バス、おりおの橋行き、殿辻バス停から目の前
代表者
笹原健太郎
電話番号
06-7710-7684 06-7710-7684

営業時間
9:00〜21:00

受付時間:11:30まで

ソーシャルメディア

Line@なら24時間ご予約を承っております。
お気軽にご連絡ください。

LINE ID
@dgy8758j
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP