リーフはりきゅう整体院

南海高野線、沢之町駅から徒歩3分
JR我孫子町駅から徒歩15分

土日もお気軽にご連絡ください。

住 所
大阪市住吉区殿辻1-9-11
JP大阪住吉ビル1C
営業時間
9:00〜21:00

受付時間:11:30まで

椎間板ヘルニアの治療でストレッチをしてはいけない理由

「椎間板ヘルニアにはストレッチが効果的なので、毎日頑張りましょう!」

テレビや雑誌、ネットなどで調べても椎間板ヘルニアに効果のあるストレッチが紹介されているので、信じてやっている方も多いのではないでしょうか。

ただ、ヘルニアの治療にストレッチは本当に有効だと思いますか?

実は自分の症状をしっかり理解せずにやってしまうと、悪化してしまう可能性があります。

このブログ記事では、間違ったストレッチが悪化させてしまう理由と、椎間板ヘルニアと診断された方の正しいストレッチのやり方について詳しくお伝えしていきます。

椎間板ヘルニアで痛みが出ている時はストレッチするな!

椎間板ヘルニア,治療,ストレッチ

こんにちは。大阪市住吉区にある椎間板ヘルニア治療院【リーフはりきゅう整体院】

院長の笹原健太郎です。

ストレッチって何に対しても効果がありそうに思いますよね。

もちろん、私はセルフケアとしてストレッチの指導はしますし、筋トレよりも痛みを取る方法としては非常に有効だと考えています。

しかし、椎間板ヘルニアの治療をしていく中で、お尻から足にかけての痛みやしびれが強く出ている時は、ストレッチは絶対にしないようにしてもらいます。

椎間板ヘルニアになると、お尻から足にかけての坐骨神経痛の症状が主に出てきます。

ここで健康雑誌などを見ると「坐骨神経痛にはストレッチがいい!」と書かれているので、痛みをこらえながら無理に実践していたりします。

これがそもそも間違いなのです。

椎間板ヘルニアで坐骨神経痛が強く出ている時は神経への圧迫により、神経が伸ばされてしまっています。

例えると、ギターの弦を伸ばしたような状態になります。

伸びた弦は軽く触れるだけで、全体にビーンと響きますよね。

それが「しびれ」の症状なのです。

この伸びた神経をストレッチしたらどうなると思いますか?

神経が余計に伸ばされてしまい、痛みやしびれの症状が悪化してしまうのです。

当院では、椎間板ヘルニアの患者さんの治療をする前にまず、ラセーグテスト(仰向けで膝を伸ばしたまま足を上げていくテスト法)をします。

上記の写真のように足を上げていきます。

これで上げた途端に腰から足にかけて痛みやしびれが出る。

この場合は先ほどお伝えしたように、神経が伸びきた弦のようになっている可能性が高いのです。

ここまでの状態の椎間板ヘルニアだと、腰からお尻、足にかけての痛みやしびれがかなり強く出ていることが多いです。

その時にストレッチをすると、余計に悪化してしまうので、無理に伸ばすようなことは絶対にやめましょう。

ストレッチは正しい治療をして足の痛みやしびれをしっかり改善してから

今までの話を聞くと、椎間板ヘルニアになるとストレッチはしない方がいいと思うかもしれませんが、そんなことはありません。

いくら辛い激痛だとしても、正しい治療をしていくと、腰から足にかけての痛みやしびれの症状は改善されてきます。

改善されてくると、坐骨神経痛の症状よりも、太ももの裏の筋肉の硬さや張りの方が目立ってきます。

坐骨神経痛は長引けば長引くほど、太ももの裏の筋肉が硬くなってしまうので。

この痛みよりも筋肉の張りが目立ったぐらいで、ストレッチをしっかりと行う。

そうすることで、辛い痛みやしびれが再発しなくなるのです。

椎間板ヘルニアの正しい治療法とストレッチ

先ほどもお伝えしましたが、椎間板ヘルニアの症状が出ている時は、まず治療をしっかりと行って痛みやしびれの症状を改善していくことが最優先になります。

ただ、このようにお伝えすると、

「椎間板ヘルニアの治療ってことは手術しろということですか?今までいろんな治療を受けてきて良くなってないので、そういうことですよね。」

と不安になる方がおられますが、そんなことはありません。

実は椎間板ヘルニアと診断されても、正しい原因がわかっていれば、どれだけ辛い痛みやしびれでも改善されてきます。

今まで治療を受けても痛みが改善されてこなかったのは、原因に対して正しいアプローチができていなかったからです。

 

椎間板ヘルニアの正しい治療について知りたい方は、

こちらの記事をご覧ください。

 

椎間板ヘルニアは手術しないと治らないというのは、昔の常識です。

もちろん、手術適応の人もいてますが、そんな人はほんの一握りです。

椎間板ヘルニアと診断された9割の人は正しい治療を行えば痛みやしびれは改善されてきます。

そして、症状が改善されてきてから、再発しないために今からお伝えするストレッチを実践するようにしましょう。

まず、椎間板ヘルニアと診断され、辛い症状が出てしまう方のほとんどが、お尻の筋肉と太ももの裏の筋肉が硬くなってしまいます。

他にもいろいろやってほしいストレッチはあるのですが、特にこの2つの筋肉はしっかり伸ばして柔軟性を高めておいてほしいです。

では、ストレッチの詳しいやり方について動画で説明していきますね。

①お尻の筋肉のストレッチ

お尻の筋肉が硬くなると、椎間板ヘルニアになりやすい骨盤の歪みが引き起こされてしまいます。

そうならないためにも、お尻のストレッチを継続して行うようにしましょう。

詳しいやり方は下の動画をご覧ください↓

 

②太ももの裏の筋肉のストレッチ

椎間板ヘルニアになると皆さん共通して太ももの裏が硬くなります。

「昔は体が柔らかかったのに、いきなり前屈ができなくなってきた。」

このような方は坐骨神経痛が出る前兆だったりするので、しっかりとストレッチで柔軟性を高めておく必要があります。

詳しいやり方は下の動画をご覧ください↓

 

まとめ

椎間板ヘルニアに対するストレッチの危険性と正しい治療法についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

他を見るとどこも「椎間板ヘルニアにはストレッチが効果的!」としか書かれていないですよね。

はっきり言ってそれだけを鵜呑みにしてやると、悪化させるケースが多々あるのです。

椎間板ヘルニアの正しい治療を行い、正しいタイミングでストレッチを行う。

こうしなければ、痛みやしびれの症状がいつまで治らなかったり、逆に悪化したりします。

今日お伝えしたことをこのことを頭に入れながら、正しいストレッチを行うようにしましょう!

 

【追伸】

リーフはりきゅう整体院には、椎間板ヘルニアの症状に悩まされている患者さんが数多く来院されます。

その一方で大阪にはまだまだ多くの椎間板ヘルニアで悩んでいる患者さんがおられます。

  • お尻から足にかけての激痛が改善されない
  • 手術したくない
  • 手術したが再発してしまった
  • お尻から足にかけての激痛で、家事や仕事など、日常生活に影響して辛い
  • このまま一生足のしびれが残るのかな、、

このような悩みを抱えながら日々過ごしておられる方がたくさんおられます。

私は本気で皆さんにこのような悩み解決してもらいたいと思っています。

「大阪の椎間板ヘルニア患者さんを救ってあげたい!」


もしもあなたが今抱えている悩みを本気で解決したいならば、
リーフはりきゅう整体院にお越しください。

必ずあなたの力になります。


↓椎間板ヘルニアの症状を本気で解決したい方こちら↓
 
1日1名様限定!LINE@での無料相談実施中!
ご予約や椎間板ヘルニアに関する情報も随時配信中!
↓↓LINE@の登録はこちら↓↓
LINE@なら24時間ご予約受付中!
  • 大阪の椎間板ヘルニア

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

10月5日までの期間限定

施術1回 通常 10,000

初回限定

2,980

毎日1名様限定のキャンペーンです。お急ぎください!
まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

完全
予約制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

06-7710-7684 06-7710-7684

営業時間 9:00〜21:00

リーフはりきゅう整体院

住所
〒 558-0042
大阪市住吉区殿辻1-9-11
JP大阪住吉ビル1C
アクセス
南海高野線、沢之町駅から徒歩3分
JR我孫子町駅から徒歩15分
大阪市バス、おりおの橋行き、殿辻バス停から目の前
代表者
笹原健太郎
電話番号
06-7710-7684 06-7710-7684

営業時間
9:00〜21:00

受付時間:11:30まで

ソーシャルメディア

Line@なら24時間ご予約を承っております。
お気軽にご連絡ください。

LINE ID
@dgy8758j
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP