リーフはりきゅう整体院

南海高野線、沢之町駅から徒歩3分
JR我孫子町駅から徒歩15分

土日もお気軽にご連絡ください。

住 所
大阪市住吉区殿辻1-9-11
JP大阪住吉ビル1C
営業時間
9:00〜21:00

受付時間:11:30まで

立ち仕事で膝の痛みが出ないようにする方法〜大阪の整体〜

膝の痛みでお困りの患者さんから話を聞いていると、

「立ち仕事をしてるので、膝の痛みがあると仕事に支障をきたすんです。どうすれば膝の痛みなく仕事できるようになるのでしょうか。。」

このようなお悩みを聞くことが多いです。

立つのが辛いなら座ればいいのですが、中には仕事柄なかなか座れない方もおられますよね。

そこでこのブログ記事では、立ち仕事で膝の痛みが出ないようにする方法について詳しくお伝えしていきます。

 

なぜ、立つ姿勢が続くと膝の痛みがでるのか?

大阪,膝の痛み,立ち仕事

こんにちは。大阪市住吉区にある膝の痛み治療院【リーフはりきゅう整体院】

院長の笹原健太郎です。

立ち仕事で膝の痛みが出てしまう理由は、当たり前ではありますが、膝関節に長時間負担がかかり続けるからです。

人間は筋肉を長時間動かすよりも、同じ姿勢を維持する方が筋疲労を起こしてしまいます。

その為、まず最初に気をつけるべきなのが、同じ姿勢で立つ時間を極力短くすることです。

しかし、長時間立っていなければいけない仕事の方はなかなか難しいですよね。

そこで大事になってくるのが上の写真にある立つ姿勢なのですが、細かい姿勢の意識を常に持ち続けるなんてなかなかできないですよね。

そんな方のために、今から簡単にできる膝に負担が入りにくい立ち方を説明しますので、この方法をぜひ試してみてください。

立ち仕事で痛みが出ないようにする方法

上記の写真のつま先を見て下さい。

この患者さんは右側のつま先が外側に向いています。

この写真をみたら左右の足の開きに差があるので、ダメなように思う方が多いですよね。

実はこれは全然オッケーです。

立った時につま先を揃えて立つように指導する先生が多いのですが、それは間違いです。

正しくは、写真のように、立った時につま先の向きを「揃えない」ようにして、どちらか片方の足に体重をのせてください。(できれば痛くない方の足に体重を乗せる方がいいです。)

立ち仕事中にこれを実践するだけです。

だた、これだけではいまいち腑に落ちないと思うので、ちゃんと理由を説明していきますね。

立ち仕事をしていると、膝関節にかかる体重をどうにかするのは不可能ですよね。

しかし、膝にかかる負担を左右に分散することは可能です。

ただ、ここでつま先の位置を左右揃えてしまうと、身体の重心の位置が変化しにくくなり、片方に体重をかけることがしにくくなるのです。

下半身の関節(股関節、膝関節、足関節)はすべて連動して動いているので、足先が外に向けばそれに連動して膝や股関節も外に向こうとします。

そうすると、上記でもお伝えしたように、重心の移動がしやすくなり、片方の足に体重を乗せやすくなるのです。

 

両足を揃えないで片足で立つ

左右こまめに重心を移動させ、膝にかかる負担を分散させる

 

両足に満遍なく体重を乗せるように指導されている方は、間違って立っている可能性があります。

立ち仕事での負担を軽減させたいなら、頻繁に重心位置を変化させて膝にかかる負担を分散させましょう。

他に仕事中に注意すべきポイント

立ち仕事で注意すべきなのは立っている時だけではありません。

作業中に膝に負担をかけている可能性もありますよね。

特に立ち仕事で膝の痛みの抱えている患者さんをみていて、原因として多いのが、

身体の前で作業をするときの立つ位置です。

大阪,膝の痛み,立ち仕事

一番多い立ち方が、作業台の後ろの方に立ち、上記の写真の右側のようにお腹を突き出すようにもたれかかって立つ姿勢です。

これは主婦の方でも、洗い物をする時にしている方が多いです。

この姿勢を続けてしまうと、膝が軽く曲がった姿勢になってしまい、常にスクワットした状態になります。

実は膝が軽く曲がった姿勢をまっすぐだと認識して立っている方は以外と多いんですよ。

無意識で膝を曲げて立つ→負担が膝にかかりやすくなる上に太ももの筋肉の緊張が増す→膝の痛みにつながる。

といった流れになりやすくなります。

このような負担をかけない姿勢にするための対処法としては、できるだけ作業する場所に近づくようにして立ってください。

そうすることで、お腹を突き出す姿勢を防ぐことができます。

これだけでも膝にかかる負担は軽減されますよ。

【重要】仕事が終わったら、膝周りの筋肉をしっかりケア

説明した方法を実践すれば、立ち仕事で膝にかかる負担は軽減されます。

しかし、忘れないで欲しいのが、これらはあくまで誤魔化しの対処であって、これで膝の痛みが改善されているわけではないということです。

特に長時間の立ち仕事というのは、膝に負担がかかりやすいです。

このかかる負担を少しでも左右に分散しながら、膝周りの筋肉の緊張を緩和するケアをしっかりしてあげるのが大事になってくるのです。

では、具体的にどのようなケアをすればいいのかについて詳しくお伝えしていきます。

膝の痛みを解消するケアの方法

立ち仕事で膝の痛みが出る人は太ももの筋肉が過剰に硬くなっています。

この硬くなった筋肉の緊張をいかに取っていくのがが重要なケアが、温めることと、ストレッチです。

立ち仕事で膝の痛みがある人は、もっと筋肉を鍛えて膝を強くしないといけないと思いがちなのですが、それは間違いです。

逆に、スクワットの筋トレなどをすると筋肉を余計に硬くしてしまい、膝の痛みを悪化させる危険性があります。

1.お風呂でしっかりと体を温める。

2.太ももの前の筋肉を緩めるストレッチをしっかり行う

→膝の痛みに効果のあるストレッチ一覧

 

この2つを毎日実践してみてください。

それだけで、立ち仕事でかかった負担による筋肉の緊張が緩和され、膝の痛みは解消されますよ。

まとめ

膝の痛みがあると立ち仕事が本当に辛くなりますよね。

ただ、仕事を変えるわけにも休むわけにもいかないので、何とかするしかないのが現状だと思います。

まず、今回お伝えした方法を参考に、膝にかかる負担を軽減する。

ポイントは無理に足を揃えず、足先を外側に開き、体重を左右に移動させやすくしてあげることです。

そうやって仕事中の負担を軽減しながら、膝周りのケアをしっかりと行う。

ケアの内容としては、血流を良くするためにお風呂にしっかり浸かったり、ストレッチをしたりして硬くなった筋肉を柔らかくしてあげる。

これを繰り返していけば、膝の痛みが解消される上に、立ち仕事で負担をかけても膝の痛みが出にくくなってきます。

この記事を参考にしていただき、仕事中の辛い膝の痛みから1日でも早く解放されましょう!

【追伸】膝の痛みで悩みを抱えているあなたへ

大阪にあるリーフはりきゅう整体院には膝の痛みを抱えた方が多く来院されます。

その時にいつも感じることが、膝の痛みが治らない原因を知らない方があまりにも多いということです。

痛みには必ず原因があり、その原因に対して正しい対処ができれば痛みは解消されるのです。

しかし、整形外科や保険適応の整骨院では、膝の痛みが治らない原因に対しての説明までしっかりしてもらえないのが現状です。

私はそういった方々を1人でも多く救ってあげたい。

そういう想いで、LINEにて個別で相談を受け付けております。

また、少しでも正しい情報を伝えるために、健康情報を定期的に配信しています。

膝の痛みが治らない原因を教えて欲しい

自分の体の状態を膝の専門家に相談したい

体に対する正しい情報を知りたい

そういった方はぜび、LINEにご登録いただき、膝に対する悩みをご相談ください↓

LINE@なら24時間ご予約受付中!

  • 大阪の膝の痛み

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

9月末日までの期間限定

施術1回 通常 10,000

初回限定

2,980

毎日1名様限定のキャンペーンです。お急ぎください!
まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

完全
予約制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

06-7710-7684 06-7710-7684

営業時間 9:00〜21:00

リーフはりきゅう整体院

住所
〒 558-0042
大阪市住吉区殿辻1-9-11
JP大阪住吉ビル1C
アクセス
南海高野線、沢之町駅から徒歩3分
JR我孫子町駅から徒歩15分
大阪市バス、おりおの橋行き、殿辻バス停から目の前
代表者
笹原健太郎
電話番号
06-7710-7684 06-7710-7684

営業時間
9:00〜21:00

受付時間:11:30まで

ソーシャルメディア

Line@なら24時間ご予約を承っております。
お気軽にご連絡ください。

LINE ID
@dgy8758j
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP