リーフはりきゅう整体院

南海高野線、沢之町駅から徒歩3分
JR我孫子町駅から徒歩15分

土日もお気軽にご連絡ください。

住 所
大阪市住吉区殿辻1-9-11
JP大阪住吉ビル1C
営業時間
9:00〜21:00

受付時間:11:30まで

立つ時の膝の痛みが辛い!その原因と対策とは?

体重がのる瞬間に膝が痛む。例えば椅子から立つ時にグッと踏ん張る。
立ち上がるという、日常的な動きをしているだけで膝が痛む。

立ち上がる時に膝の痛みを訴える方は多く
それに伴い筋力も落ちてしまい、余計に動けなくなっている人も少なくないです。

病院に通ってレントゲンを撮っても
「年相応の膝の変形ですね」「骨に異常はないので経過をみましょう」などと言われ
結局痛み止めの薬と湿布で様子を見る日々を過ごしている方が多いのが現実です。

では、なぜ立ち上がる時に膝の痛みが発生するのか?
完全に理解できている人はそんなに多くありません。

ここでは立ち上がる時に膝が痛くなる原因と対策について話をしていきます。

 

 

なぜ、立つ時に膝の痛みがでるの?

こんにちは。大阪市住吉区にある膝の痛み治療院【リーフはりきゅう整体院】

院長の笹原健太郎です。

膝に体重を乗せると膝が痛くなる。その原因はいくつかあります。また痛みのパターンもいくつかあります。

椅子から立ち上がる時に膝が痛いケース、階段を登る時に踏ん張ると膝が痛いケースなどいろいろです。

膝周辺にはいろんな組織が集まっています。
筋肉、靭帯、半月板といった一度は耳にしたことがある組織が多いと思います。

病院でレントゲンを撮って異常なしと言われた方は
筋肉にストレスがかかり膝の痛みを引き起こしている可能性が高いと考えられます。

※年相応に変形がある、軟骨がすり減っている、隙間が狭い
こういったことは膝の痛みと無関係のことが多いです。



膝に変形があっても膝の痛みを感じない方はたくさんおられます。
これをその人は特別とみるのか?
そこに原因がないと考えるのが普通です。

立ち上がる時に膝の痛みに深く関係している筋肉に
「大腿四頭筋」が主にあげられます。
その中でも「内側広筋」という膝の内側にある筋肉の影響が強いです。

 

 

A-1 大腿四頭筋とは?

大腿四頭筋とは太ももの前にある人間で一番大きな筋肉です。
膝を伸ばしたり、股関節を曲げたりする筋肉で、立ち上がった時に踏ん張れるのは
この筋肉がしっかり働いてくれるおかげです。

骨盤から膝のお皿の下まで付いている大きな筋肉です。

この大きな筋肉の中で、名前の通り4つの筋肉が集まっています。

「大腿直筋」「中間広筋」「外側広筋」「内側広筋」と言われています。
年配の方で立ち上がりにくい方はここの筋力が低下しているために引き起こされるケースが多いです。

この筋肉が落ちないように普段から運動をしておきましょう!


この4つの筋肉の中でも大事な筋肉が「内側広筋」です!

膝の内側に大きくついている筋肉で、ここが悪くなると膝の内側に激痛が走ります。

 

 

なぜ膝の筋肉が傷んでしまうのか?

立ち上がる時に膝の痛みが出る原因は病院に行くと、加齢によって筋力が落ちたとか軟骨がすり減っているからなどと言われます。

でも、私の目線から見ると、何かがおかしく、それが原因で筋肉に負担がかかり
筋肉が硬くなってしまっていると考えます。

 

 

B-1 加齢により筋力低下や軟骨の摩耗

私たち人間の筋力は20代をピークに低下していく一方です。

それに加え、水分が減っていくので軟骨も薄く弱くなります。

筋力が落ちてしまうとちょっとした動きや歩く動作ができなくなる
だけでなく動くことへの恐怖心も出てきます。

バランスが取りづらくなるからです。

だから膝にヒアルロン酸の注射をしたりするのですが、
効果的なのか?と言われれば良い時もあれば悪い時もあるという感じです。

 

 

B-2 筋肉が硬くなっている

日常の癖で人間は左右どちらかに重心をかけて立ってしまう癖があります。
すると膝関節の重心が崩れてしまい、膝を支え立つ筋肉にストレスがかかってきます。

左右均等に体重をのせないと筋肉はだんだん硬くなります。
その結果、筋肉の柔軟性が失われ、血流が悪くなり痛みを伴い出します。

※じっとしていた後、立ち上がる時に痛みが出やすいのはこういった理由があります。

 

 

筋肉が硬くなってしまった原因

筋肉が硬くなる理由にはいろいろあります。
その中で最も考えられるのが、骨盤に正しく体重がのっていないことです。

それにより膝の関節に負担がかかり
膝周りの筋肉にストレスがかかっていることが考えられます。

 

 

C-1 重心がずれて体重が骨盤に正しくのっていない

私たちがバランスをとる上で重要なのが骨盤です。
骨盤に左右バランスよく体重が乗ることで身体の動きをコントロールしていますが、
バランスが崩れることで膝関節に過剰な負担をかけてしまいます。

このことで摩擦が大きくなり、その結果として関節の変形が進んできます。

また、膝周りの筋肉が過剰に働き、膝の痛みを引き起こしています。

※マッサージなどで一時的に楽になるのは緊張が少し取れるから。
根本的には重心を整える必要があります。

 

 

C-2 日常生活の習慣の中に原因がある。

常にどちらかに重心を乗せてしまうクセがあると関節はバランスを保てません。
その結果、筋肉で膝を支えようとするために
膝周りの筋肉が傷ついてしまいます。

座り方、立ち方、寝方、そういった部分から改善していく必要があります。

 

 

立つ時に膝が痛い症状を軽減するためには?

立つ時に膝が痛いということは
正しく体重がのっていない、筋肉が硬くなっている
そういった問題が生じているからです。

一般的にストレッチやマッサージ、注射、湿布と言った処置を行うことが多く
他にも整骨院や整体、鍼灸院に通う選択肢もあります。

でも、私が立ち上がりでお勧めするのは、椅子から立ち上がる時の意識を変えてあげることです。

すごい簡単なことですが
これを意識するだけで立ち上がりが楽になる方が多いです。

ぜひ実践してみてください!

 

①まず、座っている足先をまっすぐ前に向けてください。

これは正しく体重を乗せるための準備段階です。
つま先がバラバラだと体重を乗せる際に
うまく膝関節に重心を乗せられません。

 

②両手でしっかり膝を押さえて立ち上がってください。

重要なポイントです。
多くの方は体重を乗せると痛いので、手で立とうとします。

どこか掴めないか?
それに頼って立ち上がろうとするので
重心が崩れた状態で立ち上がります。

これを繰り返している限り、膝関節の状況は整いません。

 

③目線は下ではなくまっすぐ見る

こうすることで骨盤に体重が乗せやすくなります。


こんなことで改善されるの??
そう思われる方が多いと思われます。
しかし、この簡単な動きを継続していくことが問題解決への近道なのです。

 

 

追伸

大阪市住吉区にあるリーフはりきゅう整体院には膝の痛みを抱えた方が多く来院されます。

その方々の多くは以下のような悩みを抱えていました。 

もう手術しかないのかな、、、と諦めていた

整形外科や整骨院でリハビリやマッサージを受けているが3日で戻ってしまう

太ももを鍛えても全然良くならない

運動不足と指摘され、毎日痛みを我慢しながら歩いている

整形外科に受診して、上記の処置を受けているにも関わらず「全く痛みが改善されない」
これが今の現実です。

良いと言われることを試しても治らずに

「このまま膝の痛みと一生付き合っていくのか、、、」と諦めている方がたくさんいるのです。

このままでいいわけないですよね!!

この状況の患者さんを多く救ってあげたいという思いで、私は技術と知識と経験を積み上げてきました。

現在、リーフはりきゅう整体院に通われている膝痛の患者様からは

ここに来て快適に生活できるようになりました

行きたかった旅行に痛みなく行けました!

太もも鍛えなくても痛くありません

あんなにパンパンだった膝が今ではスッキリしています

など嬉しい声を頂いております!!

もし、私のブログを見て

アッ、、私のことかも、、と少しでも思うのなら、これをきっかけに膝の痛みを根本からやっつけませんか?

1人で悩まないでください。

当院は「快適な日常を取り戻す」ことを全力でサポートいたします。

本気で膝痛と向き合い改善したい方はこちら↓
  • 大阪の膝の痛み

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

7月20日までの期間限定

施術1回 通常 10,000

初回限定

2,980

毎日1名様限定のキャンペーンです。お急ぎください!
まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

完全
予約制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

06-7710-7684 06-7710-7684

営業時間 9:00〜21:00

リーフはりきゅう整体院

住所
〒 558-0042
大阪市住吉区殿辻1-9-11
JP大阪住吉ビル1C
アクセス
南海高野線、沢之町駅から徒歩3分
JR我孫子町駅から徒歩15分
大阪市バス、おりおの橋行き、殿辻バス停から目の前
代表者
笹原健太郎
電話番号
06-7710-7684 06-7710-7684

営業時間
9:00〜21:00

受付時間:11:30まで

ソーシャルメディア

Line@なら24時間ご予約を承っております。
お気軽にご連絡ください。

LINE ID
@dgy8758j
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP