リーフはりきゅう整体院

南海高野線、沢之町駅から徒歩3分
JR我孫子町駅から徒歩15分

土日もお気軽にご連絡ください。

住 所
大阪市住吉区殿辻1-9-11
JP大阪住吉ビル1C
営業時間
9:00〜21:00

受付時間:11:30まで

なぜ、膝の痛みがあると腫れてくるのか?その原因と対処法とは

「最近むくんでるのかと思ったら膝が腫れてきた。」
「膝の痛みがなかなか改善されず、気づけば腫れていた。」

膝の痛みを経験した方は、膝の腫れを経験した方も多いのではないでしょうか。

腫れにびっくりして整形外科に行ったら注射で水を抜いて痛み止めと湿布。

このようなパターンの治療を受けるケースが多いですよね。

膝が腫れる原因は多々あります。

この記事では、膝の腫れがでる原因と対処法について詳しく説明していきます。

膝が腫れる原因とは?

こんにちは。大阪市住吉区にある膝の痛み治療院【リーフはりきゅう整体院】

院長の笹原健太郎です。

膝が腫れる原因には大きく分けて以下の6つが考えられます。

関節包の炎症

膝関節の周りには、関節包という関節の動きをよくするための潤滑油をだす袋状の組織があります。

関節内に溜まる水は、この関節包の内側にある滑膜というところから出ています。

膝に過度な負担がかかったり、上の図のように関節内の変形があると関節包で炎症が起きてきます。

すると、関節包から通常より多くの水が排出されてしまうのです。

関節内の組織の損傷

先ほどの図なのある骨と骨の間にある軟骨の損傷により痛みや腫れが発生することがあります。

加齢や膝に過度な負担がかかるスポーツなどが原因になりやすく、これが良く聞く変形性膝関節症です。

膝の痛みを抱えている方は一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

変形が進むと人工の関節を入れるなど手術を選択される方もおられます。

ただ、変形性膝関節症と診断されたから手術が必要というわけではなく、安静にしていても激痛が治らないようなぐらい変形が進化した場合のみ手術が検討されます。

→変形性膝関節症について詳しく知りたい方はこちら

靭帯の損傷

膝関節には数多くの靭帯があり、それらでしっかりと固定されています。

そのため、転倒などで急な負荷が足に加わると、膝周りの靭帯に負荷がかかりすぎることがあります。

特に損傷を受けやすいのが

膝の内側にある「内側側副靱帯」

関節内にある「前十字靭帯」です。

内側側副靱帯は、膝関節の内側を固定する靭帯。

前十字靭帯は膝関節の前方向の動きを制限する靭帯です。

これらの靭帯が何らかの原因で負担がかかると、伸びきってしまったり損傷して炎症を起こしたりします。

あまりに膝に過度な負担がかかると、切れてしまうこともあります。

損傷で炎症が起きると、膝の痛みと共に腫れがでてきてしまうのです。

感染や腫瘍

関節内は無菌状態です。
しかし、何らかの原因で菌が入り込んでしまい感染してしまうことがあります。
すると、関節内で炎症を起こし膝の痛みや腫れが出てきます。

他に、膝関節に近いところに悪性の腫瘍(肉芽腫)が原因で腫れや痛みが出ることがあります。
稀ではありますが小学生ぐらいの子供にできやすいので、急に膝の痛みと腫れを訴えたら近くの病院を受診しましょう。

関節リウマチ

中高年の女性で腫れや熱感がある時、関節リウマチが原因の方もおられます。

関節リウマチは特徴的な症状があるので、以下のどれかに当てはまる場合はリウマチを疑ってみてください。

①朝のこわばり

②膝だけでなく、手首や第2関節までの指の関節、足関節、手関節などの他の関節も動かすと痛みが強くなる

③アイシングなどをしても関節の腫れや熱感が引かない

リウマチの場合、早期に薬などを服用し、関節内の変形を抑える必要があります。

「私の症状はリウマチかも?」と感じたら、すぐにお近くの病院を受診するようにしましょう。

捻挫、打撲、骨折

この3つは外傷により起る3つの疾患です。

これらは完全に炎症により起るものなので、早急に整形外科や病院を受診し、医師の診断を受けるようにしましょう。

正しい対処法

膝の痛みで腫れが起る原因についてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?

では次に、膝の痛みで腫れや熱感が出てきた時に取るべき対処法についてお伝えしていきます。

アイシング

本来、膝の痛みは冷えると悪化することが多いので、カイロやサポーターで保温してあげる方がいいです。

しかし、腫れて熱感がある場合は炎症がひどく出ている可能性があるので、その場合、保温する事で炎症が悪化してしまう危険性があります。

腫れや熱感が出ているなら、安静にしてまずはアイシングで15分ぐらいしっかり冷やすようにしてください。

しかし、あまりに長時間冷やすと凍傷になるリスクがあるので、15分アイシングしたら間隔をあけてまたアイシングするようにしましょう。

固定

腫れがあるときはテーピングやサポーターで患部に負担がかからないように固定し、炎症を早く落ち着かせる必要があります。

ただ、腫れがひどい場合は無理に固定するとよくないです。
腫れのひどい部分をあまり圧迫しすぎないようにしながら膝を固定するようにしましょう。

専門家を受診

腫れや熱感がある時は1、2の応急処置をしたら速やかに専門家の診断をうけましょう。
自己判断で放っておくのが一番良くないです。

もし自分で応急処置ができない場合は、近くの整骨院でしっかり処置してもらいましょう。

追伸

大阪にあるリーフはりきゅう整体院に膝の痛みを抱えた方が多く来院されます。

その時にいつも感じることが、膝の痛みが治らない原因を知らない方があまりにも多いということです。

痛みには必ず原因があり、その原因に対して正しい対処ができれば痛みは解消されるのです。

しかし、整形外科や保険適応の整骨院では、膝の痛みが治らない原因に対しての説明までしっかりしてもらえないのが現状です。

私はそういった方々を1人でも多く救ってあげたい。

そういう想いで、LINEにて個別で相談を受け付けております。

また、少しでも正しい情報を伝えるために、健康情報を無料で定期的に配信しています。

膝の痛みが治らない原因を教えて欲しい

自分の体の状態を膝の痛みの専門家に相談したい

体に対する正しい情報を知りたい

そういった方はぜび、

LINEにご登録ください↓

LINE@なら24時間ご予約受付中!

  • 大阪の膝の痛み

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

7月20日までの期間限定

施術1回 通常 10,000

初回限定

2,980

毎日1名様限定のキャンペーンです。お急ぎください!
まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

完全
予約制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

06-7710-7684 06-7710-7684

営業時間 9:00〜21:00

リーフはりきゅう整体院

住所
〒 558-0042
大阪市住吉区殿辻1-9-11
JP大阪住吉ビル1C
アクセス
南海高野線、沢之町駅から徒歩3分
JR我孫子町駅から徒歩15分
大阪市バス、おりおの橋行き、殿辻バス停から目の前
代表者
笹原健太郎
電話番号
06-7710-7684 06-7710-7684

営業時間
9:00〜21:00

受付時間:11:30まで

ソーシャルメディア

Line@なら24時間ご予約を承っております。
お気軽にご連絡ください。

LINE ID
@dgy8758j
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP