リーフはりきゅう整体院

南海高野線、沢之町駅から徒歩3分
JR我孫子町駅から徒歩15分

土日もお気軽にご連絡ください。

住 所
大阪市住吉区殿辻1-9-11
JP大阪住吉ビル1C
営業時間
9:00〜21:00

受付時間:11:30まで

膝の内側が痛いと悩んでいませんか?痛みを解消する治療法とは?

 

女性に多い膝の痛み。
あなたは以下のようなことでお困りではないですか?

膝の内側が痛い

整形外科、整骨院に行っても膝の内側の痛みが取れない

朝起きると膝の内側が痛い

立ち上がると膝の内側が痛い

注射や電気などの治療法を受けているが、いっこうに良くならない

どの治療法が正解なのかわからない

膝の痛みと一言で言っても、内側や外側、お皿周り、裏側などいろいろな部位に痛みが出ます。
その中でも圧倒的に内側に痛みを訴える方が多いです。

この記事では膝の内側の痛みで悩んでいる方の為に、痛みが出る原因と正しい治療法、自分でできるケアの方法について詳しくお伝えさせてもらいます。

長年膝の内側の痛みでお困りの方はぜひご覧下さい。

 

大阪市住吉区にあるリーフはりきゅう整体院
院長の笹原健太郎です。

 

まず最初に膝の内側に痛みが出る主な原因について詳しくお伝えします。
膝の痛みは同じところにでていても、人によって原因が違ってきます。

内側が痛くなる原因には大きく3つあります。
治療法を知る前にまず自分の膝の痛みは何が原因なのかを知りましょう。

  • 1.変形性膝関節症
  • 2.急な外傷(怪我)
  • 3.筋肉

これだけ見てもいまいちわからないと思いますので、今からひとつひとつ解説していきます。

 

①変形性膝関節症

高齢の女性で膝の内側に痛みが出る方は変形性膝関節症の可能性があります。
変形性膝関節症とは字のごとく膝の関節が変形して痛みが出てきます。

骨と骨の間には摩擦を防ぐ為に「軟骨」というクッションがあります。
高齢になりO脚などがすすむと、この軟骨に負担がかかりやすくなりだんだんすり減ってきます。

軽度の場合は多少すり減っても痛みはでませんが、変形がひどくなるとすり減った軟骨が関節まわりの組織を刺激し、それが痛みとして感じやすくなります。

特に変形は内側になりやすいので、膝の痛みが内側に感じやすくなるのです。

・高齢の女性の方
・肥満の方
・O脚がひどい方

上記の方で膝の内側に痛みを感じるならば、変形性膝関節症を疑いましょう。

②急な外傷(怪我)

ラグビーやサッカーなどのコンタクトの多いスポーツ、転倒や交通事故などで急な外力で膝に負担がかかった場合などに起こる場合があります。

急なけがで膝の内側に痛みが出た場合は「内側の半月板損傷」や「内側側副靭帯損傷」などが考えられます。

③筋肉

最後に考えられる原因が筋肉による膝の内側の痛みです。
膝の内側には様々な筋肉が骨に付着しいています。

筋肉が原因で考えられる症状の中でも特に多いのが『鵞足炎』です。

鵞足とは、頸骨という骨の内側にある部分で、ここに太ももにある3つの筋肉の腱が付着しています。
3つの筋肉は上の写真にもある「薄筋」「半腱様筋」と太ももの前にある「縫工筋」という筋肉で、この3つの腱が骨に付着する部分が鵞鳥の足に見えるため「鵞足」と呼ばれます。

鵞足は普通に生活していれば痛みは出ないのですが、3つの筋肉に負担をかける姿勢や動作をしていると鵞足に過度なストレスがかかり炎症が起きてしまいます。

 

膝の内側の痛みを撃退するための治療法

膝の内側に痛みが出る原因についてはご理解いただけましたか?
他にも内側に痛みがでる原因はあるのですが、多くの方は先ほど説明した3つの原因である可能性が高いです。

では、次にそれぞれの原因に対してどのような治療法があるのか。
詳しく説明して行きます。

①変形性膝関節症の治療法

一般的に整形外科などで行われている治療法は、ヒアルロン酸の注射、水を抜く、電気やマッサージなどのリハビリ、湿布や痛み止めの薬などですよね。

ただ、そのような治療法であなたの膝の内側の痛みは解消されましたか?
変形性膝関節症と診断されて上記のような治療法を受けても、膝の内側の痛みが治らない方の方が多いのではないでしょうか。

そのままズルズルと治らずに、最終的に手術という最後の治療法を選んでしまう方もおられます。
それで治ればいいのですが、結局また膝の内側に痛みがでてきて悩んでいる方も多いです。

まず最初に考えてほしいのですが、変形性膝関節症になるということは膝の内側に過度に負担をかけている原因があるはずですよね。
にもかかわらず、上記のような治療法をしても対処療法にしかならないのです。

変形性膝関節症による膝の内側の痛みを治す最善の治療法は、膝に負担をかける日常生活を見直していくことです。

○無理して正座する
○膝を曲げたまま歩く
○急激に体重が増える
○痛いのに無理して歩く

他にも日常生活で負担をかけてしまう原因は多々あります。
あなたの日常生活はどうですか?
そこを一度見直して行くことが、膝の内側の痛みを治して行く一番の治療法ですよ。

 

②急な外傷の治療法


急に膝に圧力がかかり膝の内側に痛みがでた場合の治療法は、まずアイシングでしっかり冷やすことです。
この場合、膝の内側に痛みがでて腫れたとしても膝周り全体をしっかりとアイシングするようにしてください。
アイシング治療法はやりすぎると凍傷になるので、15分程度しっかりアイシングし1時間休憩を繰り返し行ってください。

アイシングによる治療法により炎症が落ち着いたら、次に太もも周りの緊張をとるマッサージや温熱療法などの治療法で血流をよくしましょう。
炎症が落ち着いたら損傷部分に血を送ってあげた方が早くに治ります。

ただ、あまりに損傷が重度な場合は、回復が長引いたり手術などの治療法が必要な場合もあります。
最初の段階ではどの程度の損傷なのか自分で判断できないので、まずはアイシングして炎症を抑え、近くの整形外科などでどの程度の損傷なのかを診察してもらいましょう。

 

③筋肉により膝の内側が痛い場合の治療法


筋肉は先ほどお伝えした鵞足につく3つの筋肉が膝の内側に痛みを引き起こす原因になりやすいです。
鵞足炎を改善する為に重要なのが、この3つの筋肉の柔軟性を高めることです。

柔軟性を高める上で重要なのが、治療法ではないですが「ストレッチ」を行うことです。
ただ、筋肉の名前もいまいちわからないですし、そもそもやり方がわからないですよね。
そんな方の為に詳しいやり方について動画で説明しています。

詳しいストレッチでの治療法については下の動画をご覧下さい。

 

 

まとめ

膝の痛みが内側に感じる原因と治療法についてお伝えさせてもらいましたが、いかがでしたか?
今回ご紹介させていただいた以外にも原因や治療法はあります。

もし、今回の記事でも膝の内側の痛みが解消されない。
治療法を試したみたけれど痛みが変わらない場合は、身体のプロに一度みてもらうようにしましょう。

どの治療法ををやっても膝の内側の痛みが解消されない

長年膝の内側の痛みが治らない

今の整形外科の治療法に疑問がある

上記のような悩みを抱えた方は

こちらをクリックしてください

  • 大阪の膝の痛み

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

10月5日までの期間限定

施術1回 通常 10,000

初回限定

2,980

毎日1名様限定のキャンペーンです。お急ぎください!
まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

完全
予約制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

06-7710-7684 06-7710-7684

営業時間 9:00〜21:00

リーフはりきゅう整体院

住所
〒 558-0042
大阪市住吉区殿辻1-9-11
JP大阪住吉ビル1C
アクセス
南海高野線、沢之町駅から徒歩3分
JR我孫子町駅から徒歩15分
大阪市バス、おりおの橋行き、殿辻バス停から目の前
代表者
笹原健太郎
電話番号
06-7710-7684 06-7710-7684

営業時間
9:00〜21:00

受付時間:11:30まで

ソーシャルメディア

Line@なら24時間ご予約を承っております。
お気軽にご連絡ください。

LINE ID
@dgy8758j
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP